アトピー 悩み解消.COM

アトピー 悩み解消.COMの紹介ページです。


効果的な入浴方法と日本の水事情

アトピーの治療に最適な入浴方法をお教えします。

シャワーだけの入浴習慣が広まったこともアトピーが広まった一因であることはご説明しました。 しかし、『 ただ単に、 アトピーには入浴がいいんだ!だったら毎日お風呂に入ろう! 』と単純なものでもありません。

正確に言えば、それでもある程度効果はあるかもしれませんが、折角効果のある入浴なのですから、これを最大限効果的にする方法で入浴しましょう。

それでは入浴方法に関してご説明する前に、少しだけわが国の水道水事情について、知っておきましょう。 もちろん入浴に関係するからです。

突然ですが、日本は水に恵まれた国だと思いますか?
台風も結構来ますし、梅雨にも結構な雨が降っているように感じていると思います。
しかし実際に日本の降雨量は、サウジアラビアの4 分の1、イランの2 分の1しか降っていないのです。
ちょっと地理に詳しい人ならば、びっくりするのではないでしょうか?

サウジアラビアにしてもイランにしても国土の多くを砂漠が占めていますからね。
人間は生きている限り必ず水分を口にしますから雨が降らなければみんな死んでしまいますよね?

日本という国は降った雨の量を人口で割ると世界平均のなんと5 分の1 しかないのです。日本という国は決して水が恵まれた国ではないのです。

だから真夏になると都心部では、断水や、給水制限等が行われますよね。
それがこれから述べる日本の水道水のクオリティーに大きくかかわってくるのです。

日本の水の味を表現するときに 「カルキ臭い」と良く表現しますよね?

夏のプールの臭いがまさにこれですが、これは消毒用の塩素の臭いだというのは皆さんご存知のとおりだと思います。

ではなぜ塩素を水に入れなければならないのでしょうか?
日本の場合、浄水場からかなり遠くまで水を運ばなければいけません。

またオフィスの屋上にあるような、貯水タンクにためなければいけない場合もありますよね?運ぶ間、貯水している間に菌や病原菌が繁殖しないために、塩素を浄水場にていれるわけですが塩素は汚れと反応するとなくなってしまいます。

そのため水が汚れていればいるほど、大量の塩素を投入しなければ、家庭の蛇口までは残りません。
日本の法律では蛇口まで塩素が残っていないと法律違反になってしまいますので

10年前、20年前に比べて水質汚染が進んでいる今、水道水に含まれている塩素の量も桁違いに増えていると考えてよいでしょう。

又、水道水に含まれている塩素が原因でトリハロメタンなどの有害物質も発生します。
濃い濃度の塩素は明らかにアトピー肌には良くありません。



アトピー・アレルギーには三大陸ハーブ茶がおすすめ!

●効果的な入浴方法と日本の水事情●

▲ページトップ

なぜアトピーになるの今からできるアトピー改善どうすればアトピー改善
悩み解消・喜びの声メールマガジンお問い合わせDVD無料プレゼント
サイトマップ当サイトについて個人情報保護方針リンク情報

リンクについて

アトピー 悩み解消.COM 原因や改善対策・解消法へのリンクはご自由にどうぞ。

相互リンク随時募集中

アトピー解消DVDプレゼント

DVD無料プレゼント
名字(例:吉田)
メールアドレス
「健康のメカニズム」
自分でできるアトピー改善
このDVD 9,800 円相当を
今すぐ無料で手に入れたい方は
上記のフォームにお名前・メールアドレスをご入力し
「今すぐ受け取る」ボタンを
押してください。
くわしくはこちらをクリック

今からできるアトピー改善

相互リンク募集中

お問い合わせ